【Via Noir】アノマリー公開映像スクリプト【デヴラ vs OLW】

以下は #ViaNoir アノマリー中の2016年11月12日~13日(日本時間)にかけてGoogle+、Facebook等で共有されたビデオ映像の和訳となります。エージェントたちの熾烈な戦いの裏で展開されていたストーリーを、いま一度追いかけてみましょう。

2016/11/12 12:27:52 オリバー1:
未知の場所から興味深い映像が──オリバー・リントン=ウルフ博士はヴィア・ノワールの幕開けに際しメッセージを発しました。

「イングレス・エージェントの諸君、私の名はオリバー・リントン=ウルフ博士だ。諸君らは当然、エキゾチックマター研究の分野で最も知られた科学者として、私をご存じだろう。本日、私はこれまでで最も重要な実験を開始する。私は大いなる力を有するマシンを解き放ち、我々の宇宙の、まさにその構造を解き放つのだ」

2016/11/12 12:53:38 デヴラ1:
ヴィア・ノワールの戦いに注目が集まる中、デヴラはリントン=ウルフ博士に応えました。

「こちらはデヴラ・ボグダノヴィッチ。非公開の場所から発信しています。私達はオリバー・リントン=ウルフ博士を止めなければなりません。私は自身の経験から、誰かがポータル・ネットワークを乗っ取ろうとする時に何が起こるかを知っています。私はかつて大変な過ちを犯し、世界中のポータルを不安定にしました。だからこそ私は今日ここに──その償いをしたいのです」

2016/11/12 13:29:47 オリバー2:
オリバー・リントン=ウルフ博士からの更なるメッセージが。エージェントの皆さん、彼は独善的でしょうか?

「このマシンを恐れる者も居る。彼らはそれを、死せる作家の悪夢のごとき怪物になぞらえて『テクトゥルフ』などと呼び貶める。彼らはその可能性を見てはいない! このマシンは驚くべき約定を持っているのだ。その力を、私だけが理解している。ひとたび起動したならば、そのパワーは世界を変えるだろう。エージェント諸君、その先に待つものに備えよ!」

2016/11/12 13:58:56 デヴラ2:
デヴラはOLWの目論見を危険視しており、エージェントたちの力を借りてそれを止めようとしています。

(デヴラはスキャナーを操作している)「デヴラです。リントン=ウルフは自信ありげですが、それは私も同じです。私はVia Noirアノマリーによるエネルギーをリントン=ウルフの機械へ送り込むことを試みようとしています。それが「テクトゥルフ」と呼ばれるのには理由がある──危険な人物の手に為るそれがいかなる行為に及ぶのかを怖れていたから。リントン=ウルフのような人物、自身の行動が引き起こす結果を気に留めない人物の」

2016/11/12 16:03:58 オリバー3:
OLWは不安定になりつつあるのでしょうか。ヴィア・ノワールは彼にどう影響するのでしょうか?

「エージェント諸君、立ち去るのだ。アノマリー・ゾーンの活動を停止せよ! 諸君は自分たちが何を為しているか、理解していないのだ。私がマシンの制御を失ったら、破滅的な結果が生じることになるのだぞ! おそらく我々の次元層さえ破壊することになる!」

2016/11/12 17:13:15 デヴラ3:
「闇の道程」とは?デヴラはオリバー・リントン=ウルフが理解や制御を超える力を操ろうとしている事に危惧を抱いているようです。

「ヴィア・ノワール。エージェントの皆さん、これは闇の道程です。リントン=ウルフは恐ろしい勢いで暴走しています。彼を止めなければならない、私達が力を合わせればそれができます。戦いに臨んでください!XM層を揺るがすために、出来る限りのことをしてください。そうすれば彼のエネルギーを私たちに有利に利用できるでしょう」

2016/11/12 19:02:31 デヴラ4:
デヴラはエンライテンドとレジスタンスの両方に訴えかけます。オリバー・リントン=ウルフと「ダーク・マシン」を阻止することは、両陣営のためなのでしょうか?

「デヴラです。エージェントの皆さん、その調子で頑張ってください。私達はダーク・マシンへの攻撃を開始しました、奴を倒せるはずです。あなた方全て──エンライテンドそしてレジスタンスの──持てるあらゆるものの解放が必要です。あなた方はこれを互いの戦いだと思っているかも知れませんが、そうではないのです。あなた方のアクションは重大な使命のためのエネルギーを生み出している。引き続き頑張ってください」

2016/11/12 20:26:57 オリバー4:
リントン=ウルフ博士に何が起きているのでしょうか?彼は一体、何をしたのでしょうか?

(OLWは驚きの表情を隠さない)「目覚めの時だ! 私がやり遂げたのだ! 全てが分かるぞ! エージェント諸君、実に素晴らしい力だ。私こそがそれを制御するのだ!」

2016/11/12 21:20:02 オリバー5:
オリバー・リントン=ウルフはそれが「語りかけてくる」と言います。

(背景に歪んだ声が重なる)「語りかけてくる...人類が失った言葉で、それが語りかけてくるぞ。そう、聞こえる。私に語りかけている! イングレス・エージェント諸君、何をしようというのかね。ここにはより強い力がひしめいている、貴様らに、我々を止められはせぬ!」

2016/11/12 21:45:03 デヴラ5:
デヴラ・ボグダノヴィッチは、オリバー・リントン=ウルフがヴィア・ノワールにおいてこの危険な計画を完遂する前に、それを阻止しようと決意しました。

(デヴラは不安そうである)「...まるで啓示の夜の再来だわ。エージェントの皆さん、私は懸念しています。彼を止められるかどうかはわかりません、でも試してみようと思います。お約束します。クラスター戦を続けてください。この機械を粉砕しなければ。たった一人の人間が、リントン=ウルフのような人間がそれを支配したら...私達は皆滅んでしまう」

2016/11/12 22:30:03 デヴラ6:
デヴラはOLWを阻止するよう、更に懇願します。

(デヴラの不安は募る)「エージェントの皆さん、これでは阻止できません!もっと頑張らないと!全てのポータルをハックして、可能な限り強化してください!白いポータルを残さないで!」

2016/11/12 22:45:03 デヴラ7:
デヴラはヴィア・ノワール・アノマリー中のグローバル・マインドユニットのレベルを上げようとしています。エージェントの皆さん、彼女を支援してくれますか?

「エージェントの皆さん、私はあなた方全員に訴えています!アノマリー・ゾーンだけではありません。グローバルなマインド・ユニットレベルをあげなければなりません──今すぐに!アノマリーが発生しているうちに、外に出てフィールドを構築して!みんなが力を合わせれば、リントン=ウルフを止められるわ...!」

2016/11/12 23:10:03 オリバー6:
オリバー・リントン=ウルフは何をしたのでしょうか。彼の狂気が引き起こすダメージはもう手遅れなのでしょうか?

「ボグダノヴィッチの虚言を信じるな! スザンナは危険を承知だったのだ。私は彼女に『キヲツケロ』と、私の進む道から退くようにと宣告したハズだ! あとはクルーだね、あの女がエイダの秘密を握っている。機械と人類とを結びつけるためにエイダの成り立ちを追っているわけだ。完全な思考を生み出さんとしたのだ! スザンナは私に彼女の父親のプランを寄越せば良かったものを、己自身に秘め続けることを選んだのだ。そのプランを掌中にするただ一つの手立てが、彼女の心をよぎったのだ。スザンナは、自ら選択したのだ」

2016/11/13 04:30:11 デヴラ8:
テクトゥルフ、そしてスザンナとクルーの運命について、デヴラが明かしました。

(デヴラは煉瓦の壁に寄りかかっている)「エージェントの皆さん...ここまで明かす必要はないと思っていたけれど、もう時間がないわ。テクトゥルフと呼ばれるこの機械は、憎悪そのもの...既に多くの罪なき命を奪ってきた。スザンナ・モイヤーはオリバー・リントン=ウルフによるこの構築計画を探し出そうとした。彼女の父親の計画を。それだけじゃない──スザンナはリントン=ウルフを阻止しようとした時、ひとりではなかった。クルーもそこにいた...彼女に残されたものが。例の機械はふたりとも取り込んだ。どうやったのかはわからないけど、それは彼女たちの両方を破壊しそれぞれのパーツを創り上げた。もしそれを阻止できなければ、私達はみな滅ぼされる...」

2016/11/13 05:50:03 オリバー7:
オリバー・リントン=ウルフの危険なゲームは、引き返せないところまで来てしまったようです。

(OLWはコンピュータースクリーンに向かい目を見開いている)「我目覚めタり。我闇ヲ伺えリ。一筋ノ果て無き闇淵ノ道。全テの可能性ガ在りシ」(OLWはラップトップを閉じる)「私は干渉しないように警告した筈だね、エージェント諸君。今や私を止めることは出来ない」

2016/11/13 06:45:06 デヴラ9:
デヴラはオリバー・リントン=ウルフの狂気を止めるよう、エージェントに訴えかけます。

(デヴラは何かに驚いた様子)「リントン=ウルフは奴に乗っ取られたわ!みんな、彼は我を失っている!もう彼を止められない...」

2016/11/13 07:21:26 デヴラ10:
OLWと、ヴィア・ノワールの危険な計画を阻止する時間はまだあるかもしれないと、デヴラは考えています。

「みんなもう少しよ!奴を粉砕することができるわ!ヤーハンやアコライトたちは何が起こるか興味津々でしょうね。彼女たちも力を求めている。でもそれはまた別の話。闇の道はまだ続いている──リントン=ウルフの計画を阻止するのを手伝って」

2016/11/13 08:41:07 オリバー8:
オリバー・リントン=ウルフの不穏な映像。彼は自らの心を失ってしまったかのようです。

「我ハ遍在スる存在。我ハ虚無たル存在」(OLWは痛みを感じ、こめかみをつかむ)「我ハ束縛サレシ存在。我ハ断割サレシ存在。てくとぅるふハ我ガ一部に有り、我が 内 に有り! もう戻ることはできんぞ、エージェント諸君!」

2016/11/13 09:37:44 デヴラ11:
土壇場でデヴラはすべてのエージェントに持てるすべてを尽くすよう訴えます。

「リントン=ウルフがもうだいぶヤバイことになってるわ。エージェントの皆さん、もうひと押し──あと一息よ!」

2016/11/13 11:16:02 オリバー9 :最後の動画、ENLの勝利の後に公開された
リントン=ウルフは今回の出来事に深く影響を受けています。おそらく、不可逆的に。ヴィア・ノワールの後に、何が待ち受けているのでしょうか?

(OLWの声はひどく歪まされている/加工されている)「我ハ易損、ナレド我ハ(究極?)。委譲完了。一ツ在リシ所、数多在ルベシ。私は橋を越えたぞ、エージェント諸君。マシンの構築停止は不可能だ。一つ在りし所...数多あるべし!」(絶叫、金属的な騒音が動画で激しく歪み、そして終わる)


なお、原文はこちらを参照させていただきました。
(オリバー映像) https://m.reddit.com/r/Ingress/comments/5d3zqm/transcription_of_oliver_lyntonwolfes_via_noir/
(デブラ映像) https://m.reddit.com/r/Ingress/comments/5d4ul6/transcript_of_dr_dr_devra_bogdanovichs_via_noir/
また各映像の公開順序につきましては Verpho Run さんによる下記ポストを参考にさせていただきました。
https://plus.google.com/+Verphorun/posts/Y6JrJ9EWBLf

オリバー訳: 後日明  デブラ訳: MailEater
情報提供&欠落部分聞き取り協力: YutoRaion
翻訳アドバイス: Itonaga Naohiro
ご協力頂いた各位にお礼申し上げます。

#ingress #backstory_jp

前へ

【Ingress Lore】The Glyph Arc 05:ハンク・ジョンソンとキャリー・キャンベル(後編)【完結】

次へ

【Ingress Lore】History of Shards 01:ローランド・ジャービス【シャードの歴史】