【おさらい】ホワイトハウス・ブリーフィング動画まとめ【XMの歴史】

今年2月~3月にかけて、二人の男性がXMやイングレスに関する会話をしている6本の動画メディアが出現し、P.A.シャポーのサイト http://investigate.ingress.comでも公開されました。


この背景にあるのは今年1月ごろ、国家情報局(NIA)の ジェイ・フィリップス(Jay Phillips) がXM研究開発継続のための資金調達に動きはじめたという情報でした。
http://ingress.lycaeum.net/2017/01/20170108-133409.html

その後、フィリップスの交渉相手はホワイトハウスICアセスメント部門担当次官、 ショー・ヘンソン(Shaw Henson) であることが明らかになります。
http://ingress.lycaeum.net/2017/02/20170201-1630.html

ヘンソンはXM研究に対し半信半疑であるものの、いくつかのやり取りを経た後にブリーフィングの席を設けました。その時の音声の一部が漏洩したのが、問題の6本の動画です。

ナイアンティック計画やXM、イングレスの一連の事件について、 ほとんど情報を持たない政府の人間がNIAから説明を受けている 内容のため、ここまでの経緯(特に昨年から今年にかけて)がかなりわかりやすく語られています。この機会におさらいしておきましょう。


02/05 Pt.1 http://ingress.lycaeum.net/2017/02/20170205-1804.html
啓示の夜~チューリッヒ駅でのジャービス殺害事件に言及。NIAはXM研究開発を継続したい。既に企業や他国は兵器転用を進めている。XMは「イングレス」というゲームによって大量に確保されている。

02/07 Pt.2 http://ingress.lycaeum.net/2017/02/20170207-1602.html
XMスキャナー・アプリの漏洩について。何故漏洩したスキャナー・アプリ拡散を阻止しなかったのか。

02/20 Pt.3 http://ingress.lycaeum.net/2017/02/20170220-1716.html
2016年の出来事について。オブシディアン~イージスノヴァ・アノマリー頃に浮上した古代のベスビアン・マグナスについて。シェイパーやナジアが存在する世界との障壁であったイージスノヴァ・シールドの破壊によって外的存在の影響は増してきている。

03/20 Pt.4 https://ingress.lycaeum.net/2017/03/20170320-150025.html
イージス破壊によりXMが人体にもたらす影響についてなど。

03/27 Pt.5 https://ingress.lycaeum.net/2017/03/20170327-061836.html
イングレス・エージェントの陣営について、エイダとビアラックスにおけるニューウェーブの台頭などについて。

04/06 Pt.6 http://ingress.lycaeum.net/2017/04/20170406-1459.html
ナイジェル・モイヤーの研究について、ビアノワールとテクトゥルフの経緯について。


実際のやり取りはこのブリーフィングだけでなく文書でも行われ、スキャナーやポータル、マグナスやアーキタイプなどのイングレス用語について質疑応答がなされていました。 詳細は +Itonaga Naohiro​ さんによる和訳サイトLycaeum.netでもまとめて振り返ることができます。
(2017年1月まとめ) http://ingress.lycaeum.net/2017/01/
(2017年2月まとめ) http://ingress.lycaeum.net/2017/02/

前へ

【2017年4月1日出現メディアまとめ】

次へ

【原点にして】ナイアンティック・ラボとは【最大の謎】