2017年7月24日~8月4日

2017年7月24日~8月4日

7月24日~8月4日のストーリーについて、 +Itonaga Naohiro さんによる日本語訳サイト http://ingress.Lycaeum.net より大まかな流れをまとめたものです。

この期間の内容は少し前のイベントに関連しているため、やや遡ったところからご紹介していきます。

予備情報
7月21日(現地・日本では22日朝)、サンディエゴで開催されたコミック・コン2017の会場にミスティ・ハンナが現れ、特別なカードやタイコの新作と見られるポスターが公開され、会場付近にはミッションが現れました。
参加AGによるコミック・コンレポート 日本語訳(Lycaeumアーカイブ)
7月24~26日 タイコの経歴
7月24日(1) http://ingress.lycaeum.net/2017/07/20170724-134807.html
7月25日(2) http://ingress.lycaeum.net/2017/07/20170725-145927.html
7月26日(3) http://ingress.lycaeum.net/2017/07/20170726-141321.html
ミッションで得られたメディアの断片は、つなぎ合わせるとひとつの会話ログが復元されました。ホワイトハウスXM担当次官補ショー・ヘンソン、NIA臨時局長ジェイ・フィリップス、そして元ナイアンティック計画リーダーのエゼキエル・カルヴィン博士。7月24日~26日の3日間に分けて、その内容がP.A.シャポーによって紹介されました。
7月27日 マジックショーへ向かえ
http://ingress.lycaeum.net/2017/07/20170727-182742.html
こちらもコミック・コン会場に現れたミッションから得られたメディアのひとつ。そこには7月29日15時(日本時間7月30日7時)よりロサンゼルスのエル・ポータル・シアターにおいて開催されるマジックショーの告知と、招待されるためのミッションについて記されていました。
7月28日 エルポータル
http://ingress.lycaeum.net/2017/07/20170728-163830.html
29日のマジックショーに関する追加情報と、コダマ・スマイルズが現地付近に現れるかも知れないとのコメントがありました。
7月29日 空想と現実
http://ingress.lycaeum.net/2017/07/20170729-194812.html
一般記事「あなたの世界が幻である理由」の共有。脳の知覚や認知に関する話。両目を描いた絵は統合失調症患者が自身の幻覚を描いた絵として紹介されているもの。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%BB%E8%A6%9A
参考リンク:幻覚 - Wikipedia
7月30日 ミスティ・ハンナへのインタビュー
http://ingress.lycaeum.net/2017/07/20170730-101227.html
29日に行われたマジックショーで、ミスティがエージェントのインタビューに答えたもの。動画・写真も多数公開されました。(こちらはP.A.シャポーによるものではなく、エージェント経由で公開された情報です)
7月30日 老いし天文学者
http://ingress.lycaeum.net/2017/07/20170730-164818.html
29日のマジックショーで、最後にミスティが読んだという1篇の詩を紹介。サラ・ウィリアムズの「老いし天文学者 From The Old Astronomer (To His Pupil) 」。
http://www.itsokaytobesmart.com/post/49415133926/from-the-old-astronomer-to-his-pupil-by-sarah
参考リンク:From The Old Astronomer (To His Pupil) 全文
2017年7月31日 ヒューマニストの絆
http://ingress.lycaeum.net/2017/07/20170731-160427.html
ナヴァロ・キャンプイベント、ヒューマニストのPLP作品「ルミネセント・ハート」に触発されたというエージェントによる作品を紹介。
参考リンク:【動画解説】ハンク・ジョンソン「ノマド」13マグナス・リアウェイクン特集
8月 1日 リモート・パーティシペーション・エクササイズ
http://ingress.lycaeum.net/2017/08/20170801-175319.html
7月29日のマジックショーに参加したエージェントが入手したUSBドライブには、5月のナヴァロ・キャンプイベントで行われたリモート・パーティシペーション・エクスペリメント(RPE)で使用された盤面、各種アイテムおよびゲームシナリオデータ一式が収められていました。内容物はGoogleドライブにて公開されています。

関連記事:Googleドライブ内のReadmeファイル内容
関連記事:同アーキタイプカード
参考リンク:ナヴァロ・キャンプイベント概要(Lycaeumアーカイブ)
8月 2日 別のスコパス
http://ingress.lycaeum.net/2017/08/20170802-171634.html
7月21日のコミック・コンで公開されたタイコのポスターに記されていた「スコパスの崩壊を覚えているか(Remember the ruins of Scopas)」というメッセージの意味についての考察。
8月 3日 リマに心打たれた
http://ingress.lycaeum.net/2017/08/20170803-035357.html
エドガー・アラン・ライト博士による投稿です。
現在アメリカのイングレス・ストーリー研究コミュニティ「オペレーション・エセックス」では、有志メンバーによりRPEの研究が進められています。「アフターマス・オブ・ビアオブスキュラ」とは8月1日(EST)に行われた6回目のセッションのテーマで、エンライテンドが勝利した架空のアノマリー「Via Obscura」において発生した数々の謎に迫る...といったシナリオで進行されました。エドガー博士はこの中で登場したひとつのフレーズに着目したようです。
参考リンク:エセックス第6セッション「The Aftermath of Via Obscura(ヴィア・オブスキュラの因果)」ログ公開(English/Essex Archive)
8月 3日 サーティンマグナス・リアウェイクン:戦績基準
http://ingress.lycaeum.net/2017/08/20170803-192212.html
8月24日より行われる #13MAGNUSREAWAKEN アノマリーの戦績基準が発表されました。これまでアノマリーの戦績基準と言えばIQテックやヴィスル、ヒューロンといったXM企業が発表・計測を行なってきましたが今回は文書のフォーマットが各社とは異なっています。ヘッダー部分に書かれているセクション・コード「TS-TRIPTYCH(TSはトップ・シークレットの略)」の表記は過去にもNIAの漏洩文書に見られたものと類似していますが・・・。
8月 4日 共生関係
http://ingress.lycaeum.net/2017/08/20170804-160817.html
7月29日に開催されたミスティ・ハンナのマジックショーは、開始2時間前にライブしたミッションをクリアし、入口でキーワードを提示できた先着25名のエージェントが招待されるといったものでした。この会話ログはそのミッション中に得られたもののようです。
7月22日のコミック・コンにミスティが現れたのはタイコの捜索が目的でしたが、彼女は彼に出会うことができたようです。

7月24~26日に公開されたログ(上記参照)により、タイコとは2012年に現れた1人の人物を指すのではなく、これまでに幾人もの人間を介してメッセージを発してきた、歴史上何度となく構築されてきた「テクトゥルフ」のひとつであったことが判明しました。
http://ingress.lycaeum.net/2017/05/20170524-022931.html
参考リンク:ナイアンティック調査報告書(「テクトゥルフ」の項を参照)

前へ

【サントラ】エノク・ダルビーの楽曲【まとめ】

次へ

2017年8月5日~12日