2017年11月19日~25日

2017年11月19日~25日
先週時点で #EXO5 アノマリー2日目にサンフランシスコに現れることがわかっていたシャポー、デヴラ、ミスティに加えて、新たに司アキラとアコライトまでもがサンフランシスコに集結することが明らかになり、事態はいよいよ前例のない展開を見せ始めました。一方でNIA(国家情報局)に就いたハンク・ジョンソンは台北に向かうとのこと。アノマリー対象エリアやルールが明らかになりましたが、肝心の勝敗による影響は不明なまま。エクソジェナス・プレカーサーが今回の重要な鍵を握っているらしいことだけは確かなのですが...。

では、1日ずつ今週の流れを見ていきましょう。
11月19日 司アキラのNL1331点検
http://ingress.lycaeum.net/2017/11/20171119-120938.html
来週末の #EXO5 アノマリー2日目に、今度は司アキラがサンフランシスコに現れることが明らかになりました。アノマリー2日目の12月2日と言えば、同じプライマリサイトである台湾ではNL-PRIMEの運行開始が予定されています。司アキラはてっきりそちらに現れるものとばかり思われていましたが...。
11月20日 エクソファイブ:インパクトゾーン及びフェイズマップ
http://ingress.lycaeum.net/2017/11/20171120-121553.html
#EXO5 アノマリー2日目の対象エリアが明らかになりました。ここ最近の流れでは、戦績基準...いわゆるルールの方が先に発表されることが多かったのですが、今回はまだ明らかになっていません。
11月21日 アコライトもサンフランシスコへ
http://ingress.lycaeum.net/2017/11/20171121-104835.html
#EXO5 アノマリー2日目に、なんとアコライトまでもがサンフランシスコへの参加を表明しました。

いよいよもって、イングレス・ストーリー史上まれに見る事態に、各所では既に様々な憶測が飛び交っているようです。ひとつのアノマリーサイトに5人ものキャラクターが現れたのは2013年のオペレーション・13マグナス #13Magnus 以来のことではないか、とのこと。果たしてサンフランシスコで一体何が起きるのでしょうか...?
11月21日 5周年記念:1年目を振り返って
http://ingress.lycaeum.net/2017/11/20171121-230418.html
イングレス公式アカウントが、エージェントの質問に答える形でこれまでのイングレス・ストーリーについて語り始めました。2012年のナイアンティック計画~2013年10月ごろまでの出来事について語っています。

イングレスが5周年を迎えるこのタイミングで物語の総括をするというのは例年のことで、さほど奇妙なことではありませんが...。
11月22日 ハンク・ジョンソンは台北へ
http://ingress.lycaeum.net/2017/11/20171122-110948.html
ここまで次々と登場人物たちがサンフランシスコに集まるとなれば、NIA新局長たるハンク・ジョンソンも...と思われていましたが、意外にもハンクは台北へ。上海への出張の途上に立ち寄るとのこと。また、「いずれ重要な報告がある」との気になる発言も...。
11月23日 エクソファイブ:グローバル・インテルチャレンジ
http://ingress.lycaeum.net/2017/11/20171123-165741.html
前日の「重大な報告」とはこの事だったのでしょうか。ハンク・ジョンソンからエージェントたちへ、早速新たなミッションが課されました。来週の #EXO5 アノマリー前日である12月1日、指定されたリージョナルセル9ヶ所およびグローバルについて、指定の時間帯により多くのMUを獲得した陣営に対し、アノマリー2日目に重要となるボラタイル・ポータルやリサーチ・ノードの情報が与えられるとのこと。

アノマリー2日目の戦績基準はこの時点で未発表ですが、NIAによる調査はある程度進んでおり、ここまでに得られている情報の一部が提供されるということのようです。ハンクがNIAトップへの就任を決断したとき、その背景には多分に世界中のエージェントたちに寄与する思いがうかがえました。これはそんなハンクが決めた「最初の仕事」ということになるでしょうか。
11月24日 エクソファイブ:第2日目の戦績基準
http://ingress.lycaeum.net/2017/11/20171124-153908.html
来週末に迫った #EXO5 アノマリー2日目のルールが発表となりました。取り急ぎストーリーの背景を訳しましたので、ご一読ください。
【速報】EXO5 アノマリー 2日目の物語【誰がために戦う】(Lycaeumアーカイブ)

物語の背景はルールと共に明らかになったのですが...アノマリー勝敗の影響、つまり今回勝利した陣営が何を得るのかが示されていないように思われます。はっきりしていることは、1日目の直後に出現したEXOPRE...エクソジェナス・プレカーサーと思われる5つのシャードが、今回なんらかの関わりがあること、そして今年最後となるこのアノマリーがストーリーにおいても大きな変革をもたらす可能性があること。

ひとまずは、当日までに出る情報に注視する必要がありそうです。
11月25日 次なる段階
http://ingress.lycaeum.net/2017/11/20171125-153211.html
マーケティング・ニュースサイト「Breaking Content」編集長デイニアス・ランケヴィキアスによるコラム記事「AIは人類の進化における次なるフェーズ」の紹介。人工知能の進化は人類にとっての危機ではなく、人類自身が次のステップへと進化する契機であるとする独自の意見を述べています。

いつもであればアコライトが代表するSETAI(人工知能倫理待遇協会)が好んで批判しそうな話題ですが、今回はP.A.シャポー自身が興味をもって紹介しています。

前へ

2017年11月12日~18日

次へ

「セントラル・オムニリティクス文書」の分析