2018年2月11日~17日

2018年2月11日~17日
先週土曜から4日間に渡るP.A.シャポーの不在によりストーリーは停滞するかに思われた今週でしたが、先週末行われたRPEの報告や現在日本を巡っているXM検出車両ノーベンバー・リマ(NL-1331)、週半ばにはアノマリー・インテルの公開を巡る騒動など、いつも以上にドラマチックな展開を見せる週となりました。

では、1日ずつ今週の流れを見ていきましょう。
2月11日~13日 更新なし
先週土曜日から今週にかけての4日間、P.A.シャポーのサイト「Investigate Ingress」の更新はありませんでした。たまに1,2日休むことはあってもちょっと最近には珍しい長さの更新停止でしたので、リュケイオンでも何事があったのかと心配の声があがっていました。
2月11日 シカゴRPEの顛末
https://lycaeumcommunityarchives.blogspot.com/2018/02/title.html(Lycaeumアーカイブ)
一方、先月より告知されていたNIA主導によるリモート・パーティシペーション・エクスペリメント(RPE)が10日(日本時間11日未明)にシカゴで開催され、その模様をオペレーション・エセックスの +Mario Valenzuela II 氏が報告しました。(リュケイオン・メンバー +樹栗田 氏が和訳してくれました。)

それによればシカゴのRPEでエージェントたちはマンハッタン計画について調査を行い、第2次世界対戦中にナチス・ドイツが手掛けたと言われるディー・グロッケとの関連を発見したとのこと。そしてセッションの最後には... #ViaNoir 以来消息を絶っている オリバー・リントン=ウルフの復活 を示唆する報告がありました。

https://goo.gl/eYxHBt
マンハッタン計画 - Wikipedia
http://ingress.lycaeum.net/dictionary/die-glocke.html
Die Glocke - LYCAEUM NET INGRESS
これによってひとつわかったことがありました。先週ハンク・ジョンソンが気づいた「NIAから紛失していたファイル」とは、マンハッタン計画(MP:Manhattan Project)およびディー・グロッケ(DG:Die Glocke)に関するものであったと考えられます。
http://ingress.lycaeum.net/2018/02/20180205-163918.html
2018/02/05 失われたファイル
RPEの発表が場所も含めファイル紛失よりも前だったことから、今回マンハッタン計画に関するRPEを行うことは既に決定していたと考えられます。ハンクはそのための準備をしていて、ファイルの紛失に気づいたのでしょう。

以前よりイングレス・ストーリーでは、このディー・グロッケはナイジェル・モイヤーが研究してきたテクトゥルフのひとつではないかと考えられてきました。後に #ViaNoir でオリバーが自らのテクトゥルフ開発の基礎にしたとも言われています。...彼は再び登場するのでしょうか?
2月 9日 NL1331アジア大洋州ツアー:横浜(6)
2月11日 NL1331アジア大洋州ツアー:名古屋(1)
2月13日 NL1331アジア大洋州ツアー:神戸(1)
先週金曜日の横浜を皮切りに、XM検出車両・NL-1331の日本ツアーがスタートしました。今週は名古屋、神戸、香川、そして福岡でミートアップが開催され、デッド・ドロップやイングレスに関するQ&Aセッションなどが催されました。今回来日したのはNL-1331の運転手を務めるイーサン・レピトラ氏と、ナイアンティックのグローバル・コミュニティ・マネージャであるアンドリュー・クルーグ氏。

既に参加したエージェントたちから各所にレポートが上がっていますが、各地の質疑応答ではイングレスのストーリーに関する質問も少ないながら出たようです。これらについてはリュケイオンでも追ってレポートをまとめていきたいと思っています。
2月14日 アノマリーインテル
http://ingress.lycaeum.net/2018/02/20180214-103315.html
P.A.シャポー不在のまま迎えた今週水曜、1枚の黒い塗りつぶしのある謎の文書がイングレス公式アカウントより公開されました。かねてよりこの日、今後のアノマリー情報が発表されると予告されてはいましたが...。
アノマリーインテル黒塗り状態・白ヤギによる和訳(Lycaeumアーカイブ)
とりあえずよくわからないまま訳してみましたが、どうやら今後のアノマリーイベントに関する情報が書かれているらしいこと以外はほとんどわかりません。しかしよく見ると黒く塗りつぶされた箇所にはうっすらと暗号らしきものが見えており、これに気づいた各陣営、およびオペレーション・エセックスでは一斉に謎解きが始まりました。

黒塗り部分それぞれの暗号を解くことで、東京スカイツリーを始めとする世界各地のポータルが示されました。現地のエージェントが指定ポータルをハックしたところメディアが出現し、そこに黒塗り部分の内容が記されていたようです。これらをつなぎ合わせてようやく文書の全貌が現れました。リュケイオン・メンバー +YutoRaion 氏が和訳してくれたものを紹介します。内容としては今後のアノマリーの背景となるXM事象についての調査報告だったようです。
アノマリーインテル全文・YutoRaion氏による和訳(Lycaeumアーカイブ)

そしてもうひとつ、現れた文書の断片にはそれぞれ不自然な赤い文字が紛れ込んでおり、これらをつなぎ合わせることでYoutube動画へのリンクが得られました。こちらではもっと具体的に2018~2019年のアノマリー開催地と日程が記されていました。リュケイオン・メンバー +後日明 氏が内容をまとめてくれています。
アノマリーインテル動画・後日明氏によるまとめ(Lycaeumアーカイブ)
2月14日 謎めいたアベレイション
http://ingress.lycaeum.net/2018/02/20180214-210044.html
そうして世界中が謎解きに奔走した数時間がようやく収束してきた頃、ずっと沈黙していたP.A.シャポーが突然復活、完成した黒塗り文書を掲げて登場したのでした。リュケイオンではやれ誰かに拉致されただのインフルエンザだの、 はたまたオーサカのたこ焼きが忘れられずNL-1331にこっそり同行しているだの と憶測が飛び交っていましたが、まさか本当に体調を崩していたとは...(^^;
2月15日 更新なし
やっと復活したかに見えたP.A.シャポーですが、まだ調子が戻らないのでしょうか?この日の更新はありませんでした。
2月16日 リモートパーティシペーション・エクスペリメント:シカゴ・オンライン版
2月17日 更新なし
この日もP.A.シャポーの更新はありませんでした...。大丈夫でしょうかシャポーさん...。

前へ

2018年2月4日~10日

次へ

公式短編小説「イングレス:レベル8」のあらすじ