2018年7月15日~21日

2018年7月15日~21日
先週のWrapUpを投稿してほどなく、現在開催中のチャレンジ・イベント「カサンドラ・ニュートラライザー」にルールが追加されました。また長らく姿を隠していたP.A.シャポーが実に1ヶ月ぶりにInvestigate Ingressを更新し、いよいよ来週に迫ったアノマリー #CassandraPrime の詳細を明かしました。

7月15日 カサンドラニュートラライザー:アクションポイント増加
http://ingress.lycaeum.net/2018/07/20180715-001045.html
先週のWrapUpでも取り急ぎ追記しましたが、23日まで開催されるチャレンジ・イベント「カサンドラ・ニュートラライザー」にイングレス公式アカウントより追加ルールが発表されました。期間中のレゾネーター設置に対して付与されるAPが増加しています。

依然としてこのチャレンジの目的が明らかにされていませんが、これによってポータルネットワークの白化が目的ではないらしい事がわかりました。依然として都市部では白いエリアが目立ちますが、それでもメダル獲得の報告は多数上がってきているようですので多くのAGによってポータルは目まぐるしく回転しているのでしょう。
7月15日 カサンドラプライム:戦績基準
http://ingress.lycaeum.net/2018/07/20180715-161641.html
6月のクロスプレインズ調査に関する漏洩を最後に行方をくらましていたP.A.シャポーが突然現れ、来週に迫るアノマリーの戦績基準を報告しました。この1ヶ月あまりの間どこで何をしていたのかについては説明なしですね...。

そして戦績基準ですが、カサンドラ・プライム全体についての背景は6月12日の参加登録開始の際にも説明されていましたが、アノマリーに伴って発生する戦略フィールドの影響で現れる「危険なシグナル」に対抗するため、エージェントはキャリー・キャンベルの研究を支援する必要があります。これがおそらく2013年に明らかになった「文明自壊コード」ではないかと思われるのですが、ここでその言及はされていません。

また今回の戦績基準で興味深いのは、アノマリー全体で両陣営が戦う目的の他に、各フェーズごとの具体的な目的が明示されていることです。今年3月~4月に行われたオペレーション #DarkXMCure でもすでにフェーズごとに説明がなされていましたが、アノマリーでは初めてのことではないかと思います。今回は 第1フェーズ(クラスター戦)で受信したシグナルを抽出し、第2フェーズ(シャードシャトル)で対抗シグナルを生成し、第3フェーズ(スターバースト)で生成したシグナルをポータルネットワークへ送り込む といった手順となっています。つまり今回も #DarkXMCure 同様、 勝敗とは別に両陣営がより高いスコアを出すこと がストーリー上は求められることになります。

前へ

2018年7月8日~14日

次へ

2018年7月22日~28日