2019年05月19日~25日

2019年05月19日~25日
週の前半は先週に続き静かでしたが、後半になって立て続けに様々な情報が入ってきました。P.A.シャポーからはエノク、ライトマンに続き今度はオリバー・リントン=ウルフがシャードとなったことが明らかになりましたが、前の二人とは少し状況が異なっているようです。

また今週はダンレイブンの動画が2本公開され、その他にもオペレーション・コーランの様子を伝える動画が現れました。

間もなく始まるシカゴのアノマリー会場にはエゼキエル・カルヴィンやオシリス世界のハンク・ジョンソン、そしてネメシスとの関連が疑われているスチュアート・ライトナーも現れているようです。

5月19日 ダンレイブン財団:ケーススタディ・セッション026

ダンレイブン財団の新たな動画が公開されました。先々週に公開されたケーススタディ024の続きとなる、オペレーション・コーラン現地のその後の様子です。オシリス・ストーンを探索する現地のエージェントたち、彼らを狙う何者かの存在に気づいたジャハーンとクルーは、エージェントたちに変装を指示しました。ここまでの段階ではレジスタンスであるチーム・ヒキャクが先んじており、彼らは手に入れた予言の書を元に、海辺の寺院へと向かいました。

5月23日 テクトゥルフ・ライジング
5月23日 何を見逃しているのか

先週のアムステルダム・アノマリー以来投稿が途絶えていたP.A.シャポーから、新たな資料が投稿されました。リュケイオン調査員の情報によれば、この画像は2017年12月に発生したエクソファイブ・アノマリー最後の舞台となったサンフランシスコで公開された、イングレス・プライムのトレーラー映像の一コマ(下の画像)を反転したもの。

exo5teaser.png画像の上部にはテクトゥルフの操作方法らしき文章が。これまでオシリスのストーリーでは表に登場することのなかった謎の構造物「テクトゥルフ」が、初めて存在を明らかにしました。P.A.シャポーはこのテクトゥルフについての情報をエージェントから募っています。

また画像にはオリバー・リントン=ウルフの名前があり、この画像、ひいてはテクトゥルフがオリバーの手に為るものだと示唆しています。昨年7月のカサンドラプライム・アノマリーの時点で、既にオリバーはテクトゥルフの存在を知っていたことがわかっています。

5月23日 テクトゥルフによる死

上記の画像下部には、一見テクトゥルフとは無関係の奇妙な言葉が書かれていました。しかしこの言葉をヒントに画像上部の説明文から文字を拾うと、一本のYouTube動画へ誘導される仕組みになっていたのです。

動画ではオリバー・リントン=ウルフ博士が、迫りくるネメシスの脅威を逃れるためにテクトゥルフを構築し、それによって自らシャードとなる様子が映し出されていました。これによって、既に戦績基準でも予測されていた通り、今週末のシカゴ・アノマリーにはオリバーのシャードが出現するとみられています。

5月24日 オペレーション・コーラン:ファイナリスト

イングレス公式アカウントより、新しいYouTube動画が公開されました。現在ダンレイブンの動画でもその様子が報じられているオペレーション・コーランへの参加資格をめぐって争い、最終選考に残ったエージェント・チームが紹介されています。

5月25日 アバドンプライム:スチュアートを探せ

シカゴ・アノマリーを目前にした土曜深夜、エセックス・テレグラムに再びスチュアート・ライトナーが登場しました。彼もまたシカゴに現れることや、スチュアート自身は肉体を持っていないことなどを明かしています。その直後にオシリス世界のハンク・ジョンソンもテレグラムに現れ、1218世界のハンクとの邂逅について印象を語りました。オシリス世界のハンクもシカゴに来ているようです。

5月25日 ダンレイブン財団:ケーススタディ・セッション027

エセックス・テレグラムにスチュアートが現れてすぐ、エセックスの調査員が新たなダンレイブン財団の動画を発見しました。これまで毎週明けに1本ずつ公開されていた動画シリーズでしたが、今週は2本めが前倒しで公開された事になります。

動画はケーススタディ026の続きで、海上での任務を終えたエージェントたちを両世界のハンクが迎え、次の任務に誘導している場面でした。自分自身との対面という常ならざる状況で互いに警戒する両ハンクでしたが、P.A.シャポーから突如知らされたネメシスの脅威に対して団結を決意した様子。果たしてエージェントたちは無事にオシリス・ストーンを手にすることができたのでしょうか?そして手にしたのはどちらのチームだったのでしょうか?

5月25日 オペレーション・コーラン:トレイラー

続いてイングレス公式アカウントから、オペレーション・コーランの紹介映像が公開されました。既にダンレイブン財団の映像によって明らかにされてきた内容と一致したものとなっています。

5月25日 アバドンプライム:カルビンとハンクを探せ

シカゴのアバドンプライム・アノマリーを前に、現地に現れるとみられているエゼキエル・カルヴィンとハンク・ジョンソンの捜索を促すカードが配布されているようです。これと同様のカードが高雄(キャリー・キャンベルを探せ)アムステルダム(P.A.シャポーを探せ)でも入手されていました。

5月25日 ハンク・プライムの手記

オペレーション・エセックスでは、現地で開示されたとみられるオシリス世界のハンク・ジョンソンが記録したノートの一部が報告されました。謎の組織ネメシスの脅威にナイアンティック研究者達が脅かされている今になってなお、その鍵を握っているはずのカルヴィンからは何の説明もないままです。ハンクはその解答を求め、エージェントたちに協力を求めているようです。

5月25日 ハンク・ジョンソンがリュケイオン・テレグラムへ参入

本日21時頃、オシリス世界のハンク・ジョンソンがリュケイオン・テレグラムに参加し、メンバーたちとやり取りを交わしました。いよいよ幕を開ける最後のアノマリーに際し「シカゴでは多くのことが待ち受けているよ」とコメントしました。

...いよいよオシリス・シーケンスの結末を締めくくるシカゴ・アノマリーが始まろうとしており、このあと更に多くの情報が現れることが予測されます。それについては次週のWrap-Upにてお伝えしたいと思います。両陣営の健闘を祈ります!


【今週のリュケイオン】 (不定期掲載)

プロジェクト・リュケイオンのメンバーによる調査活動などを最後にご紹介します。

Libera Me (SoundCloud)
リュケイオン調査員の jaicat 氏が新作を発表しました。原曲は以前発表したのと同じエノク・ダルビーの「Elegy(エレジー)」となっています。オシリス世界で再びこの曲が浮上し、キャリー・キャンベルはシャード化したエノクを悼みメッセージを残しました。新たなアレンジとなる今回はこのメッセージが「エレジー」の歌詞として使われています。
次元や時空を越えた、二人の強い強い絆を感じさせる作品です。

インタビュー:キャリー・キャンベル 高雄(台湾) (YouTube・日本語字幕あり)

今月4日、台湾の高雄に現れたキャリー・キャンベルに、エージェント・インタビューチームDATE-MARUがインタビューを行いました。
ダークXMや謎の組織ネメシス、新たに現れた奇妙な言語、そして直前にシャードとなった恋人エノクや彼女自身の特別な能力についてなど、様々なことを明かしています。

動画の説明文にはさらに追加質問への回答も記載されていますので、そちらもぜひご覧ください!

インタビュー:P.A.シャポー アムステルダム (YouTube・日本語字幕あり)

同じく今月11日、アムステルダムに現れたP.A.シャポーにインタビューチームDATE-MARUがインタビューを行いました。

以下、DATE-MARUメンバー・ミウツーmiu2d4r 氏による紹介。

〜シャポーがアニメ・イングレスの主人公のように右手に黒い革手袋をして現れたその訳は?
ヒューロン社の良くない噂、ダークXMと謎の組織ネメシスとの関係。別の世界のもう1人の自分自身との奇妙な邂逅に迫る!
そし1218世界のシャポーが愛していた女性クルー。彼女の再登場によりプライム世界の彼もクルーにロマンスを感じてしまうのか、それとも...?
気になるポイントに鋭く突っ込みます!〜

P.A.シャポー インタビュー:インサイド|D.A. Tomorow|note

上記P.A.シャポーのインタビューで日本語字幕を担当した後日明ことD.A.Tomorow氏が、字幕翻訳にあたり感じたことなどを語りました。シャポーの「調査」に対する姿勢から読み取れる、インベスティゲイターとしての姿勢や人柄など、インタビューの見どころにも触れています。

TS_Osiris of Ingress

リュケイオン調査員 ミウツー miu2d4r 氏がオシリス・シーケンスの物語をあらすじにまとめました。もう一つの世界であるオシリス・ユニバースの登場により、更に複雑になったイングレスの物語世界の構造について、わかりやすく解説されています。間もなく終幕を迎えようとしているオシリスの物語を、もう一度振り返りましょう!

Lycaeum Wrap-Upでは、イングレス・ストーリーに関するメンバーの活動を併せて紹介していきたいと考えています。まとめ・考察・参考資料・ファンアートなど、ぜひリュケイオン・テレグラムにてリンクをご紹介ください!

前へ

2019年05月12日~18日

次へ

アバドンプライム:登場人物キャラクターカード