【まとめ】ダンレイブン・ケーススタディ動画023~030ほか【3/3】

昨年10月よりおおよそ毎週1本のペースで配信されてきたダンレイブン財団のケーススタディ動画が、とうとう予定の30回をもって完結(?)しました。

001~011のまとめはこちら
012~022のまとめはこちら

これまでの傾向から近日中にまとめ動画が公開されると見込まれていますが、今後のストーリー展開において参照する機会も多くなることを踏まえ、先行してまとめを作成しました。

各項目には +Itonaga Naohiro 氏による日本語スクリプトへのリンク、概要を記載しています。 ※まとめ動画公開後、あらためて再生時間と他収録動画の追加を行います。

ケーススタディ 023
ラン島と思われる森のなかの集落。国家情報局TKO部隊と思われる2人組が、無人の集落を捜索している。2人はヒューロン・ゴーグルと思しきサングラスを装着し、エゼキエル・カルヴィンに捜索状況を報告している。
ケーススタディ 024
引き続きラン島の森の中を移動する1218ハンクとクルー(ウェンディ)、オシリスのハンクとジャハーン。2組はそれぞれ、上空から島へ降り立ったエージェントたちを出迎える。エージェントたちはTKOの野営地を目指して走り出す。
ケーススタディ 025
ラン島と思われる森を背景に、ホログラム映像のエゼキエル・カルヴィンがオペレーション・コーランの概要について説明する。エージェントらが訪れたのは予言に沿った事実であり、オシリス・ストーンを得るにはプトレマイオスのコインを集めなくてはならないと言う。
ケーススタディ 026
オシリスのハンクとジャハーン、1218ハンクとクルー(ウェンディ)はそれぞれに外部勢力の妨害を察知し、ミッション遂行中のエージェントに警告する。ミッションで新たな預言書を入手したエージェントたちは、その手がかりを元に寺院へと走る。
ケーススタディ 027
海上ミッションを終えたと思しきエージェントたちを、両ユニバースのハンク・ジョンソンが迎える。新たに発見された預言書に従い、エージェントたちは象のオブジェを山頂へと運ぶ最後のミッションに臨んだ。2人のハンクは互いに警戒していたが、P.A.シャポーからネメシスの存在を知らされ団結する。
コーランの結末
シカゴのアバドンプライム・アノマリー後に現地で公開され、後にダンレイブン財団のウェブサイト上で「ケーススタディ028」として一般公開されたおよそ15分弱の映像。オペレーション・コーランに参加したエージェント・チームと、全競技の様子が記録されている。

最終的にレジスタンス陣営のチーム・ヒキャクが勝利し、オシリス・ストーンを手にした瞬間、山頂で大規模なXM爆発らしき現象が起こり、映像は終わっている。
ケーススタディ 029
アバドンプライム・シカゴの様子。オシリス世界のハンクはアーティファクト支援のため車でエリアを巡回する。アフターパーティにはエゼキエル・カルヴィン、両ユニバースのハンク、そしてコーランに参加したエージェント達が登場し、オシリス・ストーンを授与された。またレジスタンス勝利を記念したグリフ・シーケンスが発表された。
ケーススタディ 030
オペレーション・コーランの結末。2人のTKO工作員は、チーム・ヒキャクが手にしたオシリス・ストーンを奪い去るが、両ユニバースのハンク・ジョンソンが奪い返す。ヒキャクにストーンを手渡したハンクたちは、ウェンディの身を案じている。

ダンレイブン財団のケーススタディは、これをもって完了となったわけですが...依然として多くの謎が残されたままとなりました。突如現れたネメシスとは何者なのか?クルーに乗っ取られたウェンディの行方は?

...物語は次なる章へと続いていくようです。

前へ

オペレーション・コーランのストーリー

次へ

2019年06月16日~22日