2019年08月18日~24日

2019年08月18日~24日

いつもは比較的静かな日曜日、新たなメディア発見をきっかけに調査コミュニティは騒然となりました。現在グリフハック・チャレンジを通して闘っている「オーロラ」から、大きな謎を秘めた更なる挑戦が突きつけられたのです。

また10月に発生するアンブラ・アノマリーのロゴシンボルが明らかになり、今後のストーリー展開が示唆されました。

8月18日 オーロラ・エクスプ

グリフハック・チャレンジの実績も伸び悩む中、活動中のエージェントから新たなメディア取得の報告がありました。オペレーション・エセックスおよびプロジェクト・リュケイオンの調査員たちが解読を行い、最終的に死神を描いた1枚の画像を入手しました。この調査によってわかったことを下記で解説しています。
参考記事:【解説】オーロラの挑戦状

そしてこのパズルの解読が進む中で、オーロラのメッセージからネメシスたちの背景も少しずつ垣間見えてきました。

「Variation is what makes it fun. never stick to one single rule.」
(変化はそれを楽しくする。ひとつのルールに囚われてはならない)

「Yet, now, my world is nullified of hallucinations, illusions, and eventually imagination.」
(それでも今、我が世界は幻覚、幻想、ついには想像までもが失われている)

「Mine is a time and world of order and no surprises.」
(我が時と世界は秩序のもの、いかなる驚嘆もない)

「Dike, Astraea, Themis, Justitia. Their names changed. what does not change is they are our ally」
(ディケー、アストライアー、テミス、ユースティティア。彼女たちは名を変えた。変わらないのは彼女らが我々の味方であること ※訳注:いずれも「正義」を司る女神の名。)

「The scale weighs your deeds. ​The hourglass shall bring retribution」
(秤は汝の行いを裁き、砂時計は報復をもたらす)

先週のWrap-Upで取り上げたグリフハック・チャレンジの背景がここで裏付けられた形です。彼らの住む世界には驚きや楽しみ、イマジネーションといったものが存在せず、秩序に支配されていると言います。一体彼らの世界で、何が起きたというのでしょうか?

8月18日 エドガーの誕生日

先述のオーロラ・メディア調査がひとまずの落ち着きを迎えた頃、エドガー・アラン・ライト博士がエセックスのチャットに現れました。このタイミングの良さには何かあるのでしょうか...(深読みしすぎでしょうか...)。

8月21日 アンブラ:シンボル

10月に発生するアンブラ・アノマリーのロゴマークが発表されました。前回のミリアド・アノマリーより更にシンプルで幾何学的なデザインとなっています。

またこれはリュケイオン調査員の指摘によって提示された疑問ですが、画像を拡大してみると、シンボルの下に小さく「CHAPTER FIVE(第5章)」と書かれていました。改めて調べてみると、7月に開催されたミリアド・ハックチャレンジミリアド・アノマリーにはどちらも「CHAPTER ONE」と書かれています。そして現在進行中のオーロラ・グリフハック・チャレンジには「CHAPTER TWO」の記述が。

...ということは、アンブラ・アノマリーの到来までに第3章と第4章がある、と予想されます。一体何が起こるのでしょうか?


【今週のリュケイオン】 (不定期掲載)

プロジェクト・リュケイオンのメンバーによる調査活動などを最後にご紹介します。

解説:オーロラパズル #Ingress

リュケイオン調査員 @RuinDig 氏が、18日に発生したオーロラ・メディアの概要についてまとめました。また調査中に発見された別の情報についても紹介しています。

Lycaeum Wrap-Upでは、イングレス・ストーリーに関するメンバーの活動を併せて紹介していきたいと考えています。まとめ・考察・参考資料・ファンアートなど、ぜひリュケイオン・テレグラムにてリンクをご紹介ください!

前へ

【解説】オーロラの挑戦状

次へ

2019年08月25日~31日