2019年08月25日~31日

2019年08月25日~31日

オーロラ・グリフハック・チャレンジの目標到達ならず...ネメシスの更なる活動を予見させるメッセージが現れました。またナイアンティック研究者スタイン・ライトマンのメッセージを含むメディアが発見され、研究者たちの現況などについて伝えられました。

また遅ればせながら、今月14日に行われたデヴラ・ボグダノヴィッチ博士によるFacebookを使ったライブ配信につきまして主要な内容を要約したものをフォーラムに投稿しました。研究者たちの現状や今後のストーリーにも関係する重要な情報が含まれていますので、こちらもぜひチェックを。

8月27日 オーロラ・デパーチャー(映像)

この日まで行われていたオーロラ・グリフハック・チャレンジは、エージェントたちの尽力にも関わらず目標到達には至りませんでした。これを受けて、オーロラから新たなメッセージが送られてきたのです。彼らの活動はまだまだ続きそうです。

8月30日 [REDACTED]:10月01日提供終了

イングレス公式アカウントから「スキャナー[REDACTED]」終了の予告がありました。かねてより現行のプライム・スキャナーへの機能移管が済み次第終了となる旨のアナウンスもありましたので、まぁ予定通りなのだとは思いますが...。

以前ネメシス・メンバーのミリアドが、「REDACTED」の定期メンテナンスに言及したことがありました。また冒頭でお伝えしたデヴラの発言にも、「REDACTED」がネメシスの侵入を受けた可能性があると触れられています。果たしてこのまま何事もなく終了するのでしょうか...?

8月28日 スタイン・ライトマンの発信(1)
8月29日 スタイン・ライトマンの発信(2)
8月30日 スタイン・ライトマンの発信(3)

日本時間28日未明より、断続的に新たな6つのメディアが発見されました。現在アノマラス・バブルに閉じ込められているとみられているナイアンティック研究者、スタイン・ライトマン博士からのメッセージを伝えるものでした。メディアはメッセージの順番通りに現れたわけではなく、内容を把握するにはすべてのメディアを揃える必要がありました。

映像は現在ライトマンたちがリモート・パーティシペーション(RPE)技術を発展させることに取り組んでいるということ、そしてミリアド・アノマリー終了後に出現したメディアの送信者が誰なのかが不明であることを伝えています。

アノマリー後に出現したメディアといえばこのメディアのことだと考えられますが、映像中でライトマンの背後のモニターに写っている三角形の断片は、アノマリーの数日後にP.A.シャポーがフォーラムに投稿した画像の一部のようです。前者にはNIA(国家情報局)のロゴが入っていますのでNIAが配信したものだと考えられていましたが、どちらのことを指しているのでしょうか。


【今週のリュケイオン】 (不定期掲載)

今週のリュケイオンはお休みいたします。

Lycaeum Wrap-Upでは、イングレス・ストーリーに関するメンバーの活動を併せて紹介していきたいと考えています。まとめ・考察・参考資料・ファンアートなど、ぜひリュケイオン・テレグラムにてリンクをご紹介ください!

前へ

2019年08月18日~24日

次へ

2019年09月01日~07日