2019年09月08日~14日

2019年09月08日~14日
先週行われたローランド・ジャービスとの交信によって明らかとなったネメシス構成員・ヘルベチカの陰謀に対抗すべく、フィールドテストの詳細が明らかになりました。そして来週には1218世界のハンク・ジョンソンとの交信が行われること、もうひとりのネメシス構成員・アヴニールによるシャード出現などの情報が新たにもたらされました。
また10月のアンブラ・アノマリーについても詳細が発表され、こちらにもストーリーの進展を示唆する情報が現れています。

9月 9日 ヘクサスロン:アーティファクト・コレクション

先週明らかになったネメシス構成員・ヘルベチカの声明を受け、イングレス公式より発表がありました。14日に開催されるフィールドテストにおいて、プライム・アーティファクトを収集しようとするヘルベチカの目論見を阻止しようというのです。このアナウンスはメディアを介してスキャナー上でも告知されました。

「プライム・アーティファクト」とはこれまでプライム・オブジェクトとも呼ばれてきたもので、XMの影響によって超常的な力を発揮するアイテムのことです。その多くははるか古代から守り伝えられてきたもので、ときにはポータルネットワーク内に隠されていることもあります。今回の投稿画像に掲載されているもののいくつかは、すでにストーリーにもその姿が登場しました(右上:リカージョン・アーティファクト、下:オシリス・ストーン、左下:プトレマイオスのコイン、左上:ダルサナ・レンズ)。

9月10日 ハンクとの交信:事前告知

先月よりデヴラ、ジャービスとナイアンティック研究員からの交信によって様々な情報が伝えられてきましたが、今度はなんと1218世界のハンク・ジョンソンからのライブ配信が予定されていることが明らかになりました。もちろん彼はオシリス世界のナイアンティック計画メンバーではありませんので、研究者たちからの交信とはちょっと事情が違いそうです。

1218世界のハンクはリモート・パーティシペーション技術を使ってオシリス世界へ行き、クルーに支配されたウェンディと共にオペレーション・コーランに臨みました。その後発生したアバドンプライム・アノマリーの最終日、シカゴに現れたのが目撃された最後となっています。その後彼はどこにいて、何をしていたのでしょうか。また1218世界のNIA(国家情報局)局長として、現在の状況に対してはどんな対策を考えているのでしょうか。

9月11日 アヴニール・シャード

こちらはリュケイオン調査員からのメディア発見の報告によって明らかとなりました。ネメシス構成員のひとり・アヴニールが13片のシャードとなってポータルネットワークに出現するというのです。2017年に発生した「フェイト・オブ・ザ・サーティン」以来約2年半ぶり、オシリス・シーケンス以降では初めてのグローバル・シャードとなります。

ただし今回はルールに大きな特徴があります。シャードの移送先であるターゲット・ポータルが陣営と紐付けられていないのです。つまりどちらの陣営も同じポータルを目指してシャードを運ぶことになります。またシャードの回収結果はゴールした陣営に関わらずカウントされるため、両陣営の協力が重要な鍵となります。

さらに今回のオペレーション成否はポータルの減衰率に影響があります。このことから思い出されるのは2014年にデヴラ・ボグダノヴィッチ博士が拡散したポータル・ウィルス。このときもこのウィルス弱体化のために両陣営が協力するという異例の事態が起こりました。

9月13日 ハンクとの交信:事前質問

1218世界のハンク・ジョンソンとの交信の知らせを受け、P.A.シャポーが再び質問をフォーラムから受け付けています。

9月13日 シューベルトの発信(映像)

今度はマーティン・シューベルトのメディアが出現しました。先週の配信で明らかになったヘルベチカによるフィールドテストへの影響について、断固戦うべしとメッセージを伝えています。

9月13日 アンブラ:キャラクターメダル

10月に発生するアンブラ・アノマリーについてのイベント詳細が公式サイトで明らかになりました。今回からスキャナー上で参加登録ができるようになっています。同時にチケット購入で獲得できる3つのキャラクターメダルも公開されています。オリバー・リントン=ウルフ、ミスティ・ハンナ、そしてADA。

UmbraUltraMedals.png3人のうち、ミスティ・ハンナはどう見ても1218世界のミスティ・ハンナです。現在オシリス世界の研究者たちが閉じ込められているアノマラス・バブルで唯一目覚めていないのがミスティであり、先週のジャービスとの交信では1218世界のミスティの映像が混入しました。彼女には何か特別な事情がありそうです。

またADAと説明されているメダルに描かれているのはウェンディ。背後にはADAのシンボルらしきものも描かれています。オペレーション・コーランで最後に目撃されたウェンディの精神はクルーが支配していましたが、何故彼女がADAとなっているのでしょうか?...このあたりも、今後のストーリーで注目していかねばなりません。

9月14日 ハンクとの交信について

オペレーション・エセックスのチャットにエドガー・アラン・ライト博士が現れ、疑問を提示していきました。

ハンク・ジョンソンが本物であるかどうかを確かめる、とはどういうことでしょうか?またネメシスのメンバー同士の関係性という指摘も、これまでになかった視点のように思います。前者については疑う理由もないように思いますが、エドガー博士の言うことです、何か重要な意味を持つのかもしれません...。


【今週のリュケイオン】 (不定期掲載)

プロジェクト・リュケイオンのメンバーによる調査活動などを最後にご紹介します。

ジャービスとの交信:概要(Ingressフォーラム)

リュケイオン調査員 @RuinDig 氏の多大な尽力により、ジャービス&シューベルト生配信のスクリプトが書き起こされました。日本語訳についてはまだ作業中ですが、ひとまずこのスクリプトから大まかな内容をピックアップしてご報告しています。

※内容は正確ではない可能性があります。詳しくは日本語訳をお待ち下さい。
※特に最後の質疑応答部分は曖昧な回答が多く、上手く読み取れていないかもしれません...

Lycaeum Wrap-Upでは、イングレス・ストーリーに関するメンバーの活動を併せて紹介していきたいと考えています。まとめ・考察・参考資料・ファンアートなど、ぜひリュケイオン・テレグラムにてリンクをご紹介ください!

前へ

2019年09月01日~07日

次へ

【まとめ】プライム・オブジェクトについて【アーティファクト】