2020年01月19日~25日

2020年01月19日~25日
テッセレーションでは先週に続いて第6ラウンドの手掛かりが現れました。またスチュアート・ライトナーがユタ州パークシティに現れ、何らかの情報をエージェントにもたらしたとみられています。

【テッセレーション・第6ラウンド:手掛かり】

先週に引き続き、新たなテッセラの手掛かりが開示されていきました。

1月19日 誰がオシリス・ハンクを殺したか:手掛かり
1月20日 誰がオシリス・ハンクを殺したか:手掛かり(2)
1月19日 ナインス:手掛かり
1月20日 ナインス:手掛かり(2)

このテッセラは手掛かりと出現時刻が後から開示され、現地ポータルからさらに得られた手掛かりから、導かれるパスコードによって発見されたようです。

1月19日 シンプル・ウエイジャー:手掛かり

このテッセラはグローバル・メディアとして通常のハックで入手され、回収期限はなかったようです。

1月20日 誰がウェンディを殺したか:手掛かり
1月22日 誰がウェンディを殺したか:手掛かり(2)

このテッセラは事前に出現時刻が予告され、後から手掛かりが開示されました。

1月20日 発見を公表せよ

テッセレーションにはこれまでも様々な形で多くのエージェントが参加してきましたが、彼らが発見してきたポータルや自身の写真をSNSに共有するよう、P.A.シャポーが呼びかけました。

* * *

テッセレーション関連は以上です。

1月20日 ユタ州パークシティの接触:告知
1月23日 ユタ州パークシティの接触:告知(2)

オペレーション・エセックスのテレグラムにスチュアート・ライトナーが現れ、24日にアメリカ・ユタ州のパークシティに向かうことを予告しました。テッセレーションで2度ライブドロップをしたことのあるスチュアートですが、今回はテッセラを運ぶわけではなさそうです。

1月20日 終焉か幕開けか

ヤヌスラボのトップページが更新され、新たなメッセージが出現しました。これまでに第6ラウンドまで進んだテッセレーションが持つ意味について、疑問を投げかけているようです。

1月21日 スピリチュアリストチャレンジ

「13アーキタイプ・チャレンジ」の7問目が出題されました。今回のアーキタイプは「スピリチュアリスト」。

「実体なきものに触れ、活用し得る者。」を意味するスピリチュアリストのアーキタイプは、1218ではスタイン・ライトマンが属しています。オシリス世界でも同様にライトマンが持つとみられていますが、明言はまだされていません。


【今週のリュケイオン】 (不定期掲載)

プロジェクト・リュケイオンのメンバーによる調査活動などを最後にご紹介します。

【ざっくり】テッセレーション・ルールメモ

リュケイオン調査員 @noranekoinko 氏が、現在進行中のテッセレーションの基本ルールや新たに追加されたルールなどについて、わかりやすい(そしてかわいい)イラストでまとめてくださいました。これから参加を考えている方、既に参加している方も要チェックです。

Lycaeum Wrap-Upでは、イングレス・ストーリーに関するメンバーの活動を併せて紹介していきたいと考えています。まとめ・考察・参考資料・ファンアートなど、ぜひリュケイオン・テレグラムにてリンクをご紹介ください!

前へ

2020年01月12日~18日

次へ

【中間まとめ】ネメシス・シーケンスのあらすじ