2020年03月29日~04月04日

2020年03月29日~04月04日

テッセレーション・第9ラウンドに伴い発見されたテッセラから、ネメシス世界での出来事の全容が明らかになりました。そのほかエイプリル・フールのNL-1331X登場や新アイテムの発表などがありました。

またナイアンティックの新提携先「Ficto」によるオリジナル・ストーリー配信について、調査員RuinDig氏がまとめてくださいました(今週のリュケイオン)。こちらもストーリー勢には気になる情報です。

テッセレーション・第8ラウンド:認証 第9ラウンド:手掛かり

第8ラウンドのテッセラ発見者について認証が行われ、同時進行で第9ラウンドの手掛かりが開示されました。早くも第9ラウンドのテッセラが発見されています。

3月29日 第8ラウンドの発見者認証について
3月29日 第8ラウンドの発見者認証

第8ラウンドの14テッセラについてP.A.シャポーより発見者の認証が予告され、認証が行われました。これに伴い各陣営から配置推測が提示されています。

3月29日 ダルサナ・コンバイン:手掛かり
3月29日 ダルサナ・コンバイン
3月29日 コセチャ・ベルデ:手掛かり
3月31日 コセチャ・ベルデ:手掛かり(2)
3月31日 コセチャ・ベルデ

そして第8ラウンドの結果を待たず、早くも第9ラウンドとして予告されていたテッセラの手掛かりが開示されました。これら2つのテッセラはグローバル・テッセラとしてフォーラムにパスコードが開示され、パスコード入力によって獲得されました。当初2つのテッセラは同時に公開されるはずでしたが、テザーハンドに何らかのトラブルが起き、「コセチャ・ベルデ」は2日後に開示されています。

テッセラから発見された2枚の画像は、つなげるとひとつの画像になることがわかります。

CosechaVerde_DarsanaCombine.jpg(画像提供:@YutoRaion)

この画像に隠しこまれた手掛かりが解読され、予告されていた残り28個のテッセラも回収されています(内容は後述)。

3月29日 第1日目から第14日目:手掛かり
3月29日 第15日目から第28日目:手掛かり

こちらは上記の2テッセラの解読によって発見された、残り28個のテッセラの報告を受け付けるものとして設置されました。この28個についてはテッセレーションの得点対象とはならないため、純粋にストーリー探索を目的として収集されました。

* * *

テッセレーション関連は以上です。

3月29日 エネミーマイン

エネミー・マインのメディアがまたもや更新されました。今回の暗号は、テッセレーション第9ラウンドのテッセラ「ダルサナ・コンバイン」の発見に対する制限時間枠を示したものだったようです。

3月29日~31日 ネメシス・ストーリー(Nemesis Story)(Lycaeum/辞書)

そして回収された28個のテッセラからは、ネメシスたちの世界で起きた出来事が明かされました。それぞれのテッセラに含まれていた内容は、リンク先の「参考資料」からたどれます。それによれば...。

どうやらネメシスたちの世界では、啓示の夜が起きてすぐにエクソジェナス──シェイパーとナジーアによる襲来を受けていました。それからわずか28日の間に、世界が崩壊していくさまが語られています。

ナイアンティック計画の面々は離散し、あるものはエクソジェナスに囚われ、あるものは消息を絶ちました。人類はシェイパーとナジーアとの戦いに巻き込まれ、多くの犠牲が出たようです。なんとか集結した7人のナイアンティック研究員によって「ネメシス」は結成され、再び13人のマグナスとなりました。彼らは自分たちの世界が招いてしまった悲劇を繰り返すことのないよう、エクソジェナスに立ち向かおうと、オシリスの世界へとやってきたのでした...。

3月30日 ダンレイブン・チェンバーの解体
3月31日 ダンレイブン・チェンバーの解体(2)

こちらはイングレス公式アカウントが「ダンレイブン・ケーススタディ」の動画シリーズを紹介したTwitterから明らかになったものです。オシリス・シーケンスの物語で中心的存在となったダンレイブンの「観測室」が、人工知能倫理待遇協会(SETAI)によって解体されたと告げられています。P.A.シャポーもこの件については関心を示していることを、エージェントの質問に対して回答しました。

人工知能倫理待遇協会(SETAI)とは、ローランド・ジャービスが設立したエンライテンド思想を中心とした団体です。1218世界にも同名の組織があり、その目的は婉曲に表現されていますが、要するに人工知能の撲滅にあるようです。オシリス世界のジャービスは現在アノマラス・バブルに閉じ込められていますが、信徒たるアコライト──ガブリエルが、ジャービスの不在を守って活動を続けているのかも知れません。

4月 1日 バーチャル・ミートアップ
4月 1日 グリフ・シーケンス「WANT-1-3-3-1」

COVID-19の感染拡大による影響で、エージェント活動も思うようにできない中で迎えたエイプリル・フール。スキャナー内にはなんとXM検出車輌・NL-1331Xが登場しました!そして最寄りのポータルをハック、またはリチャージすることでNL-1331ミートアップ・メダルがカウントされました。さらにスキャナーには期間限定で「WANT-1-3-3-1」などのオリジナル・グリフシーケンスも出現。

このNL-1331X型アバターと新グリフはエイプリル・フール~翌日ごろまで見られ、アバターはその後もストアから購入可能になっています。

4月 2日 新事実と謎

ヤヌスラボのトップページが更新され、新たなメッセージが現れました。新事実とは今週現れた、ネメシス世界の物語を指したものと思われます。すべてが明らかになったかに見えるストーリーでしたが、そこにはまだ、謎が隠されているようです。

4月 3日 エイペックス・ブースト

イングレス公式アカウントより、新たなスキャナー内アイテムが発表されました。一時的にAPの獲得値をブーストし、エージェントのレベルアップを支援するアイテムです。ハックによる入手ではなく、ストアでの購入またはレベルアップの報酬として支給されるとのこと。ネメシスや今後また現れるかも知れない脅威に立ち向かうため、とNIAの開発経緯が示されています。


【今週のリュケイオン】 (不定期掲載)

プロジェクト・リュケイオンのメンバーによる調査活動などを最後にご紹介します。

Fictoで配信中のIngressシリーズについて分かる事

2月に、動画配信サービス「Ficto」がナイアンティックとの提携を発表し、オリジナル・ストーリーの配信を予告しました。リュケイオン調査員 @RuinDig 氏が、現時点でこのサービスについて公開されている情報をまとめ、調査した結果を報告してくださいました。プロジェクトにはイングレス・ストーリーでおなじみの「あの人」も...!

Lycaeum Wrap-Upでは、イングレス・ストーリーに関するメンバーの活動を併せて紹介していきたいと考えています。まとめ・考察・参考資料・ファンアートなど、ぜひリュケイオン・テレグラムにてリンクをご紹介ください!

前へ

2020年03月22日~28日

次へ

2020年04月05日~11日