2020年04月12日~18日

2020年04月12日~18日
テッセレーション第10ラウンドが始まり、また多くのテッセラと情報が現れました。ネメシスはオシリス世界との話し合いの意向を示しています。一方、依然としてネメシスを信用していないジャービスが、独自に動いている様子も明らかになりました。

テッセレーション・第10ラウンド:手掛かり

第9ラウンドの結果を待たず第10ラウンドが始まり、先週とはうって変わって多くのテッセラと映像が出現しました。

4月14日 オプティマ・ディパーチャー:手掛かり
4月14日 ジャービス・アコライトの交信:手掛かり
4月16日 人工知能倫理待遇協会:手掛かり

この3つはグローバル・テッセラとしてパスコードが開示され、発見報告の件数に応じて、それぞれ関連付けられたターゲット・テッセラの推察期間が決定されました。

4月14日 オプティマの素顔:手掛かり
4月14日 ジャービス・マニフェスト:手掛かり
4月17日 ヒューマニスト・アーキタイプ:手掛かり

この3つはターゲット・テッセラとして手掛かりが開示され、解読することでテッセラが発見されました。

* * *

テッセレーション関連は以上です。

4月15日 ネメシスの和平交渉:事前質問

テッセラから発見されたオプティマの声明から、ネメシスがオシリスの研究者たちへ話し合いを申し入れていることがわかっています。この機会にネメシスから情報を得るため、P.A.シャポーが質問を募集しました。

4月15日 ジャービス・マニフェスト(映像)

こちらは今週のテッセラ「ジャービス・マニフェスト」で手掛かりとして開示された6本の映像です。ローランド・ジャービスは啓示の夜を経て、この世界のあらゆる歴史、あらゆる人々の情報が集積されているという「アルティメット」に接続したと言われています。そんなジャービスの現在の状態、そしてシェイパーに近づくこと、エンライテンドを志すことの素晴らしさを訴えているようです。

この「マニフェスト」スピーチは、1218世界でもローランド・ジャービスがほとんど同様のものを発表しています(未翻訳)。1218世界ではカサンドラ・アノマリーよりも前、ポータル・ネットワーク内の存在となったジャービスが、エンライテンド思想を世界中に広めようとしていた頃のことでした。今回新たに現れたマニフェストは、一体いつ頃語られたものだったのでしょうか。

4月15日 オプティマ・ディパーチャー(映像)

こちらは発見されたテッセラ「オプティマ・ディパーチャー」より見つかったものです。ラウンド9で明らかになったネメシスの経緯をあらためて訴え、彼らの話を聞いてほしいと言っています。

また最後にオプティマは、自身のことを「デヴラ・ボグダノヴィッチ」と名乗りました。ここからこれまでネメシスが名乗ってきたのが本当の名前ではなかったらしいことがうかがえます。

4月15日 オプティマの素顔(映像)

今週発見されたテッセラ「オプティマの素顔」より見つかった映像と、画像です。既に第8ラウンドでその正体を見せていたオプティマでしたが、あらためてそのマスクを脱ぐ様子が明らかになりました。ちなみにこれまでに素顔を見せたネメシスのマスクは、着ぐるみやヘルメットのように両手で持って脱ぐものと、何らかの仕掛けを使って一瞬でマスクを消すものとがあったようです。何か違いがあるのでしょうか。

また映像と同時に発見された画像には、どこかの研究施設のような場所に佇むデヴラ...オプティマの姿が映っています。中央の柱に見えるロゴマークから、そこが東欧のXM企業ヴィスル・テクノロジー社の関連施設であることがわかります。オシリスではほとんど語られることのなかった企業でしたが、1218以外の世界にも存在しているようですね。

1218世界では、啓示の夜にCERNを脱出したデヴラは、その後ヴィスル・テクノロジー社に在籍、リンクアンプなどの開発に協力していました。ネメシス世界のデヴラは、この企業とどのような関係だったのでしょうか。

4月15日 ジャービス・アコライトの交信(映像)

こちらも今週のテッセラ「ジャービス・アコライトの交信」から見つかった映像です。どこかのダンレイブン・チャンバーを介して、ジャービスと彼の信徒であるガブリエルとが連絡を取っていた様子。それによればどうやら先々週に発覚した、各地でのダンレイブン・チャンバーの破壊はジャービスの指示によるものだったようです。

ダンレイブン・ケーススタディ以来久しぶりの登場となったガブリエルですが、彼女はジャービスの教えを守り、エンライテンドを導く存在として、ずっと彼の留守を守っていたことがわかります。今回のタイトルで彼女が「アコライト」と呼ばれる存在であることが、あらためて明確になっています。

1218世界でも、ジャービス亡き後「アコライト」と名乗る人物が現れ、彼の思想を引き継いでエンライテンドの指導者となりました。ただし「アコライト」とは「信奉者」を意味する一般名詞であり、彼女とガブリエルとが別ユニバースの同じ人物であるかどうかは定かではありません。また1218世界のジャービスには彼女の他にも「信奉者」がいたことがわかっており、英文では彼女を指すときには特別に「The」が冠されていました。

4月17日 ライフ

ヤヌスラボのトップページが更新されていました。どうやらこれは今週発生したテッセレーションの手掛かりの一部であったようです。


【今週のリュケイオン】 (不定期掲載)

今週のリュケイオンはお休みいたします。

Lycaeum Wrap-Upでは、イングレス・ストーリーに関するメンバーの活動を併せて紹介していきたいと考えています。まとめ・考察・参考資料・ファンアートなど、ぜひリュケイオン・テレグラムにてリンクをご紹介ください!

前へ

2020年04月05日~11日

次へ

2020年04月19日~25日