2020年7月19日~25日

2020年7月19日~25日
テッセレーションはレジスタンス陣営の勝利で幕を閉じたかに見えましたが、物語はまだ終わっていません。P.A.シャポーからはここまでの総括となる資料が公開されましたが、結末はなかなか見えてきません...。

7月22日 絡み合う関係性

テッセレーション・ボードがほぼ完成したことを受け、P.A.シャポーがこれまでの情報をまとめたチャートを公開しました。13人のネメシス構成員たちとその正体、それからテッセレーション方程式と呼ばれる、研究者たちにとって最後の手がかりとなる謎のスケッチ、そしてネメシス・オシリス両世界の研究者たちの関係図。

テッセレーションのゲームは終結しましたが、テッセレーション・ボードにはまだ1箇所、埋まっていない場所(N06)があります。つまり、物語はまだ終わっていないのです。

テッセレーションとは、オシリス世界やネメシス世界など、それぞれの世界を取り囲み、エクソジェナスの影響から世界を守るフィルターのような役割をするものだということが、これまでの話でわかっています。これをうまく調整することで、例えばシェイパーだけを世界に招き入れたり、逆にシェイパーを遮断しナジーアだけを招き入れたり、何者も入れないようにすることもできるようなのです。ただしそのためには、このフィルターの正しい調整方法を解明しなければなりません。アノマラス・バブルから解放され、オシリス世界に戻ってきているはずの研究者たちが、現在その「方程式」の解明に取り組んでいるとみられます。

また「方程式」が解明されても、それを使ってテッセレーションをどう調整するか、という問題が残っています。ネメシスの面々は、エクソジェナスの侵略によって自分たちの世界をめちゃめちゃにされていますから、オシリス世界で同じことが起きないよう、全てのエクソジェナスをシャットアウトすることを望んでいます。そうすれば、オシリス世界に近いと言われるネメシス世界はテッセレーションを共有でき、自分たちの世界に来たエクソジェナスにも対抗できると考えているのです。

果たして、オシリス世界の決断はいかなるものでしょうか?そして「方程式」に残されている謎は全て解明されるのでしょうか?

7月16日 ナイト・メダル:獲得者一覧
7月23日 パラゴン・メダル:獲得者一覧

こちらはストーリーに直接関係のない話題ですが、テッセレーションに参加した両陣営エージェントに送られる2種類のメダルについて、授与対象者のリストが23日に公開されました。それぞれ掲載されているPDFにエージェント名が掲載されている人は、後日スキャナーメダルを受け取ることができます。授与の条件はかなり複雑ですので、参加されていた方は、必ずご確認を。

ところで、今回の参加者に送られるメダル「ナイト・オブ・テッセレーション」。実はストーリーとまったくの無関係ではないかもしれません。

第13ラウンドで発見されたテッセラ「For the Greater Good(大義のために)」から見つかった文書中で、レクイエムがこんなことを言っています。

After the Resonance is played, the Ptolemy Coins should render the Prime Artifacts dormant for a time. But we need someone to guard its secrets in the interim until it can be used again. That's the Gold Knights of the Osiris Tessellation.

(@YutoRaion 氏訳より一部抜粋)
レゾナンスが演奏されれば、プトレミー・コインはプライム・アーティファクトをしばしの休眠状態にするはずだ。だが、それらが次に利用できるようになるまで、その神秘を暫定的に守護する誰かが必要になる。それがオシリス・テッセレーションのゴールド・ナイトだ。

完成したテッセレーションの「調整」には、13種類のアーティファクトを正しい順序で活性化し、集められた196のテッセラに関連する音(レゾナンス)を正しい順序で演奏することが必要なのだと言います。これが行われると13のアーティファクトは役目を終え、また必要になる時まで休眠状態に入るのだそうです。

「ナイト・オブ・テッセレーション」メダルにはゴールドとシルバーがあり、今回勝利したレジスタンス陣営の資格者にはゴールドのナイトメダルが贈られます。もしかすると、今回「ゴールド・ナイト」に任命されたエージェントたちには、テッセレーションの調整を終え、眠りについたアーティファクトを守るという役目があるのかもしれません。


【今週のリュケイオン】 (不定期掲載)

プロジェクト・リュケイオンのメンバーによる調査活動などを最後にご紹介します。

エノクのワールド・レゾナンス調査(Ingressフォーラム)

リュケイオン調査員 @jaicat 氏が、未だ完成しない「テッセレーション方程式」について独自の研究を発表しました。世界を構成する音楽とは、一体何なのでしょうか?

Ingress Tessellation Summary

第13ラウンドまでに発見されたテッセラの情報を日本語でまとめました。各ラウンドで起きた主な出来事なども簡単に記録しています。長かった謎解きの意味を、あらためて振り返ってみてください。

Lycaeum Wrap-Upでは、イングレス・ストーリーに関するメンバーの活動を併せて紹介していきたいと考えています。まとめ・考察・参考資料・ファンアートなど、ぜひリュケイオン・テレグラムにてリンクをご紹介ください!

前へ

2020年7月12日~18日

次へ

2020年7月26日~08月01日