タイムマシン:2013年02月27日~03月05日

2013年02月27日~03月05日
フェリシア・ハジラ=リーの小説第2章が完結しました。オペレーション・セーブクルーが迫り、決着がついたと思うまもなく、矢継ぎ早に次のアノマリーが予告されました。

【概要】

02月27日 水曜日

つながる

スコットランドに帰郷したクルーの映像。クルーはスコットランドでXMの力を感じ取る。

エキゾチック・マター第2章(8)(English)

小説「エキゾチック・マター」第2章、第8の断片。原文20~38ページ(20~36ページは既出)、追加箇所は日本語(紙書籍)版55~58ページ。カール(855)は卓越した暗殺能力で強盗2人組を痛めつけ、拘束した。

02月28日 木曜日

この日の情報は翌1日に投稿された。

03月01日 金曜日

クルー:新たなる幕開け(映像)

スコットランドのクルーの映像。ポータルのエネルギーを実感し興奮しているが、同時に不安も感じている。何かが起きようとしている。

視線(映像)

スコットランドのクルーの映像。尾行されている気配を感じるが、特定できない。

エキゾチック・マター第2章(9)(English)

フェリシア・ハジラ=リーの小説「エキゾチック・マター」第2章、第9の断片。原文20~40ページ(20~38ページは既出)、追加箇所は日本語(紙書籍)版58~60ページ。実際に出版された版ではここで第3章が完結する。カールは強盗2人から武器を奪い、マフィアの抗争に見せかけて殺害する。

03月02日 土曜日

TFT(03/02):レジスタンスが勝利した

オペレーション・セーブクルーはレジスタンスが勝利した。シャポーはクルーの身を案じている。

03月03日 日曜日

セーブ・クルー:レジスタンス勝利

イングレス公式アカウントが、オペレーション・セーブクルーのレジスタンス勝利を報じた。

瀬戸際のクルー(映像)

クルーの投稿映像(投稿に時間差があるが、オペレーション・セーブクルー発生直後のものとみられる)。夜道でクルーは正体不明の光や人の顔の幻影を見る。

03月04日 月曜日

TFT(03/04):アクセスダイブの再開

ミスティ・ハンナの映像を入手した。前日からこの日にかけて、クルーから投稿された動画が反響を呼んでいる。VIがアクセス・ダイブを再開した。

較正:ミスティ・ハンナ(映像)

ADAによるキャリブレーション映像、ミスティ・ハンナ。自らの幼少期について語る。堅気でなかった父から逃れミスティ母子はテキサス州マーファのコミューンへ移り住んだ。母はその地をアファームと呼んだ。

クルー:あるがままに(映像)

セーブクルー終結後と思われるクルーの映像。レジスタンス勝利を受け、クルーはシェイパーへの強い対立姿勢を示した。

03月05日 火曜日

TFT(03/05):現地の状況に注視せよ

この日の情報から、新たに2都市・計3回のアノマリー発生が明らかになった。このアノマリーはミスティ・ハンナに関連している。

3つのアノマリー

カルヴィンとオリバーのチャットログ。CERN内に拘束中のミスティがハイパー・スレッディング現象を起こしている。このことがミスティに縁のある2都市で発生するアノマリーに関連している。オリバーは現地のマップを提示して詳しいルールを説明した。また現地エージェントの支援にドローンネット導入を提案。

【ワード・オブ・ザ・デイ】

今週紹介されたのは、こんなキーワードでした。(※イングレス用語は太字)

02月27日 (02/27):「ウィンドウ・ドレッシング
02月28日 (02/28):「プロノイア
03月01日 (03/01):「ジャメヴ
03月02日 (03/02):「ムートン・ア・サンク・パット
03月03日 (03/03):「ポルトマントー
03月04日 (03/04):「メモリーパレス
03月05日 (03/05):「グリーンフラッシュ

3月4日「メモリーパレス」は、2017年に「マインドパレス」の名で登場する記憶術の一種ですが、この時点ではまだストーリーと関連付けられてはいないようです。また3月5日「グリーンフラッシュ」は、ミスティ・ハンナの幼少期にまつわるキーワードとして、次週登場します。

【解説】

引き続きフェリシア・ハジラ=リーの小説が開示され、第2章までがすべて公開されました。ザグレブに到着した暗殺者855は、フィリップスからデヴラ・ボグダノヴィッチとヒューバート・ファーロウの暗殺指示を受けていました。武器を持たずに入国した855は、現地のマフィアたちが自分を強盗の標的にするよう仕向け、まんまと彼らの武器を入手したのでした。

一方、先週予告されていたアノマリー・イベント、オペレーション・セーブクルーが迫る中、スコットランドからはクルーの様子が映像で伝えられました。クルーは何者かに尾行されている事に気づきます。そしてオペレーションが開始された頃、ジャービスからの映像にあった建物を訪れたクルーは、正体不明の奇妙なエンティティに遭遇しました。

オペレーション・セーブクルーはレジスタンスの勝利となり、クルーはジャービスの支配から逃れることができました。この影響で、クルーは強いレジスタンス思想を持つようになったのです。

戦いが終息したのも束の間、更に新たな戦いが予告されました。次に焦点となるのは、高レベルのセンシティブとしてナイアンティック計画に参加していた、マジシャンのミスティ・ハンナ。啓示の夜以来CERN施設内に閉じ込められていた彼女は、不可思議な現象を起こしていました。それに呼応するように、彼女の故郷テキサス州ではポータルの活性化現象「アノマリー」の発生が予測されていました。

通算3回目となるアノマリー・イベント、のちに「オペレーション・フリーミスティ」と呼ばれるこのアノマリーは、ストーリー上では初めてXM事象として明確に言及されたイベントとなります。

(以下ネタバレ。クリックで開きます)この週、レジスタンスの勝利で幕を下ろしたかに見えたオペレーション・セーブクルーでしたが、この出来事がこの先もエージェント達を巻き込み、意外な波紋を広げていきます。その点で後々も重要になるこのイベント、ぜひ覚えておいてください...。

あと、これはネタバレというよりはメタ解説で、ストーリーへの直接の関連はないのですが...。

この週に初めて脚光を浴びた、マジシャンのミスティ・ハンナを演じている女優さんは、ミスティ・リー(Misty Lee)の名で活躍する本物のマジシャンです。「ユニコーン・ウェンズデイ」と題したYouTubeコンテンツで、マジシャンとしての活動の一端を見ることができます。


【今週のリュケイオン】 (不定期掲載)

今週のリュケイオンはお休みいたします。

Lycaeum Wrap-Upでは、イングレス・ストーリーに関するメンバーの活動を併せて紹介していきたいと考えています。まとめ・考察・参考資料・ファンアートなど、ぜひリュケイオン・テレグラムにてリンクをご紹介ください!

前へ

タイムマシン:2013年02月20日~26日

次へ

タイムマシン:2013年03月06日~12日