タイムマシン:2013年03月20日~26日

2013年03月20日~26日
ミスティの新たな挑戦に伴うイベントが告知されました。またハンク・ジョンソンの活躍を描いた小説「アラインメント・イングレス」の発売予告、その関連情報なども現れました。
【概要】

03月20日 水曜日

TFT(03/20):唐突に頭へ飛び込んできた

この日の情報について。著者トマス・グレーニアスがセンシティブなのかどうかはわからない。

アライメント・イングレス

書籍「アラインメント・イングレス」の表紙画像紹介。

03月21日 木曜日

ロサンゼルス緊急アノマリー

オペレーション・ジュースクラブ概要。27日午後、ミスティ・ハンナがロングビーチからサンタモニカへ大規模なポータル・ジャンプを計画しており、エンライテンドがこれを支援する。レジスタンスにはその阻止が要請された。ジャンプは30分おきに8回リンクを介して行われる。8回以内に最終目的地へ到達すればエンライテンド、失敗すればレジスタンスの勝利となる。

03月22日 金曜日

TFT(03/22):何らかの暗喩

この日の情報はコンゴでのハンクの足取りに関連した地図のようだが、意味はわかっていない。

マップ

古代イスラムのものと思しき女性を描いた絵画。画像には何箇所か書き込みが見られ、中央の女性には「Sheba(シバの女王)」と書かれている。

03月23日 土曜日

この日の情報は翌24日に投稿された。

03月24日 日曜日

ベン・ジャックランドの捕捉

ベン・ジャックランドを隠し撮りしたと思われる画像。以前デッド・ドロップに利用された場所で撮影されており、ベン・ジャックランドがNIAに捕捉された事を意味している。一連の出来事に関するナイアンティック・ラボの立ち位置はどうなのだろうか。

エキゾチック・マター第3章(3)(English)

小説「エキゾチック・マター」第3章、第3の断片。原文41~49ページ(41~46ページは既出)、追加箇所は日本語(紙書籍)版71~77ページ。カール(855)はデヴラが逃走に使用した車を特定、追跡を開始する。同じくファーロウはデヴラを追ってシュコツィアン洞窟群に到着、後から到着した855を目撃。自身が任務を降ろされた事に気づく。出版された版ではここで第5章に入る。洞窟群に到着したカール(855)が、ファーロウに姿を見せたのは故意であった。

03月25日 月曜日

この日の情報は翌26日に投稿された。

03月26日 火曜日

TFT(03/26):グレーニアスの言葉

小説「アラインメント・イングレス」予告映像について。同作品ではシャポーの調査で明らかになったことも含まれているという。

アライメント・イングレス予告編(映像)

トマス・グレーニアスによる小説「アラインメント・イングレス」紹介映像。この映像はシャポーだけでなくイングレス公式アカウントからも共有された。

スザンナ・モイヤー

スザンナ・モイヤーと名乗る女性からシャポーへのチャットログ。スザンナはシャポーの調査に関心を示しており、志を共にする立場であることを表明した。

【ワード・オブ・ザ・デイ】

今週紹介されたのは、こんなキーワードでした。(※イングレス用語は太字)

03月20日 (03/20):「ゴースト・サーベイランス
03月21日 (03/21):「タイム・ダイレイション
03月22日 (03/22):「ブレッチリーパーク
03月23日 (03/23):「クロノスタシス
03月24日 (03/24):「セルクス
03月25日 (03/25):「パーシステント・サーベイランス
03月26日 (03/26):「アイソブロント

【解説】

前週エンライテンドの勝利となったオペレーション・フリーミスティに、さらなるイベントが告知されました。謎のXMスキル「ハイパースレッディング」によってCERNを脱出したミスティは、同じ能力を使って今度はロサンゼルスを横断しようとしています。

ミスティは彼女を支援するエンライテンドが構築するポータルリンクを介して移動するとみられ、対するレジスタンスにはそれらのリンク破壊、対象ポータルの奪取、または妨害リンクの構築による移動の阻止が要請されました。公式としてはポータルリンクを利用した初めての大型オペレーションで、現在のシャード戦の前身とも言えるイベントでした(各陣営の役割は異なっていましたが)。

このオペレーションを告知した文書には、同年1月にデッド・ドロップが行われたジャンバジュース関連の組織のロゴが使われ、オペレーション名称も同名となっています。

そしてかねてよりその名が言及されていた作家トマス・グレーニアスの著書「アラインメント・イングレス」の発売が予告され、表紙画像予告映像などが明らかになりました。またこれに関連するとみられる謎めいた画像も、シャポーによって開示されました。

そのほかこの週には、ストーリー最初期にスキャナーを動画で公開したベン・ジャックランドの再登場、フェリシア・ハジラ=リーの小説「エキゾチック・マター」の断片公開、そしてスザンナ・モイヤーの初登場がありました。

(以下ネタバレ。クリックで開きます)

この週に開示されたイスラム風の女性の絵は、小説「アラインメント・イングレス」の序盤に登場するものです。ハンク・ジョンソンとコンラッド・イェーツの2人はこの絵画に隠された地図を読み解き、そこからシバの女王をめぐる2人の冒険が始まります。

またこの週初めて登場したスザンナ・モイヤーは、昔からのエージェントたちには最もよく知られている登場人物ですね。彼女がこの後2016年まで配信を続ける映像コンテンツ「イングレス・レポート」はスキャナー上でもメディアとして配信され、ストーリーの進展やイベント、世界中のエージェントたちの活躍などを伝えてきました。


【今週のリュケイオン】 (不定期掲載)

今週のリュケイオンはお休みいたします。

Lycaeum Wrap-Upでは、イングレス・ストーリーに関するメンバーの活動を併せて紹介していきたいと考えています。まとめ・考察・参考資料・ファンアートなど、ぜひリュケイオン・テレグラムにてリンクをご紹介ください!

前へ

タイムマシン:2013年03月13日~19日

次へ

タイムマシン:2013年03月27日~04月02日