タイムマシン:2013年04月03日~09日

2013年04月03日~09日
ナイアンティック計画の閉鎖に伴い、関係者の証言やADAの奇妙な行動が浮上してきました。そんな中、ナイアンティック研究者を自称する人物から新たなオペレーションが発生。
【概要】

04月03日 水曜日

アライメント・イングレス:販売開始

小説「アラインメント・イングレス」発売に伴い著者トマス・グレーニアスがGoogle+上にて質問を受け付けた。質問に答え、作中でハンクが使用しているスキャナーは一般エージェントが使用しているものとは仕様が異なると説明した。

04月04日 木曜日

興味深い意見

ジョー・フィリーがGoogle+上に投稿。 2日のナイアンティック計画閉鎖に関する情報を裏付ける発言をし、フリント・ディルもコメントを寄せた。「802」とはNIAにおけるジョー・フィリーのコードネーム。

ジョー・フィリーの発言に関するシャポーの記述に翻訳上のブレがあるが、2日の情報の信憑性を支持する主旨となっている。当時のコメントを含むこのスレッド全体のやりとりはプロジェクト・イスムスによってアーカイブされている。

消失

ナイアンティック計画の内部会議記録。出席者はフィリップス、ニィ、クレーゼ、カルヴィン、ナガッサ、オーウェン。ミスティは監視下にあった研究施設内から突然姿を消した。情報の完全な隠蔽は困難であり、オーウェンの提案により偽装を検討するが、ミスティ本人からの発言が危惧されている。

04月05日 金曜日

パフォーマンス

ミスティとADAの会話。NIAがミスティの口を封じようとしている動きを受け、ADAはミスティにマジックショーの開催を提案した。

第2回イングレスレポート(映像)

第2回イングレス・レポート。トピックは各地エージェントの取り組みの紹介に加えて、パワーキューブのリリース、トマス・グレーニアスのインタビュー。発売された作品には隠されたコードや情報があることを示唆した。

04月06日 土曜日

厄介なこと

ADAとボウルズの会話記録。ナイアンティック計画の閉鎖に伴い、ボウルズは自分がどのような処分を受けるのかを危惧している。ADAはボウルズの支援を申し出るが、自らもオフラインにされる可能性を自覚している。

04月07日 日曜日

この日の情報は翌08日に投稿された。

04月08日 月曜日

衝突事故

カリフォルニア州サンタモニカで発生した交通事故の新聞記事。原因は信号機の誤作動で、事故車両に乗っていた男女2名が逃走中。この車両が撥ねた歩行者の男性は重体で身元は不明、拳銃を所持していた。

04月09日 火曜日

マジックキャッスル

24日にロサンゼルスのマジックキャッスルで開催されるミスティ・ハンナのマジックショー告知ポスター画像。

ポータルデータ・トランスミッション:戦績基準

カーター・ゾキエフと名乗るナイアンティック研究者から発信された、任務指示文書。ナイアンティック計画の閉鎖に伴い、未解析のポータルデータを外部へ送信するための支援をエンライテンドに要請。レジスタンスも異なる目的から同様のデータ送信を試みる。作戦は日本時間21日夜から翌22日にかけて実施され、ジュネーブの指定ポータルから欧州7都市で各陣営に指定されたポータルまでを3本以内のリンクで接続し、インテルマップ上で確認できる状態にすることで成功する。

【ワード・オブ・ザ・デイ】

今週紹介されたのは、こんなキーワードでした。(※イングレス用語は太字)

04月03日 (04/03):「イプセイティ
04月04日 (04/04):「ドッグ・ホイッスル
04月05日 (04/05):「インクイジション
04月06日 (04/06):「ファイト・フライト・レスポンス
04月07日 (04/07):「アンタイオス
04月08日 (04/08):「インストゥルメンタル・アグレッション
04月09日 (04/09):「ベイジアン・ネットワーク

【解説】

NIA内部では3月のオペレーション・フリーミスティでCERNから脱出した際の様子が報告されていました。彼女は監禁・監視されていた施設内から忽然と姿を消したのでした。NIAでは、このことが公になるのを恐れている様子がうかがえます。

一方、ADAが前週すでに協力関係を結んでいたミスティに対しマジックショーの開催を提案し、その案が実行に移されようとしています。マジックキャッスルとはアメリカ・ロサンゼルスにある奇術専門の会員制クラブで、マジシャンの中でも高いレベルの選ばれた演者ばかりが出演するクラブとして知られています。

また、ADAは自身の開発者であるヘンリー・ボウルズにも接触していました。ナイアンティック計画の終了は、ボウルズにとって単なる契約終了で済む話ではありませんでした。それはADAにとっても同じであり、彼女は計画終了に際しオフライン──「用済み」にされようとしています。

ADAがミスティやボウルズに接触した目的は、一体なんでしょうか。この時点では、まだそれははっきりしていません。

そしてこの週、また新たなオペレーションが予告されました。ポータルデータ・トランスミッションと題されたこのオペレーションは、両陣営がそれぞれに長距離リンクを利用し、また互いにそれを阻止することで争う陣営戦となります。前回のフリーミスティ(ジュースクラブ)に続き、のちのグローバル・シャード戦の前身とも言えるオペレーションです。

(以下ネタバレ。クリックで開きます)

ナイアンティック計画の終了について発言したジョー・フィリー氏は、コードネーム「802」と呼ばれるクリーナー(工作員の痕跡などを隠滅する係)として、NIAに所属していました。先週発売された小説「アラインメント・イングレス」にも登場し、彼がカホキアマウンド・アノマリーで現地に立ち会っていた様子が描かれています。

また、この週には一見脈絡のない奇妙な新聞記事も投稿されていました。この詳細は追って明らかになっていきますが、信号機の誤動作が原因と見られるこの交通事故は、フェリシア・ハジラ=リーの小説「エキゾチック・マター」、後に出版された「イングレス・ザ・ナイアンティック・プロジェクト」第12章(日本語版256ページから)にも、一致する記述があるものです。

P.A.シャポー(リチャード・ローブ)とクルーの暗殺を指示された855は、自動車で逃走する2人を先回りして待ち伏せ、襲撃を試みました。が、目前の信号機が誤動作したことが原因で、一般車を巻き込んだ交通事故を引き起こしてしまいます。シャポーとクルーは混乱に乗じて逃走、855は辛くも一命をとりとめますが...。


【今週のリュケイオン】 (不定期掲載)

プロジェクト・リュケイオンのメンバーによる調査活動などを最後にご紹介します。

Glyple

少し前からSNSで流行中のワードゲーム「Wordle」、リュケイオンTGでも話題になっています。リュケイオン調査員 @rei0000 氏が、このグリフバージョンを開発してくださいました!Wordleのルールをご存知の方ならすぐに遊べると思います。

遊び方:特定の1つのグリフを当てます。最初に何かひとつグリフを描いてみると、正しい線はグリーン、間違っている線は黄色で表示されます。グリフとして登録のない図形は線が残りません。これらをヒントに、6回のトライで正しいグリフを突き止めましょう。画面上部の六角形が緑色になったら正解です。

正解ではなかったグリフも下部に名前が表示されるので、グリフの習得にも役立ちそうですね。ぜひトライしてみてください!

Lycaeum Wrap-Upでは、イングレス・ストーリーに関するメンバーの活動を併せて紹介していきたいと考えています。まとめ・考察・参考資料・ファンアートなど、ぜひリュケイオン・テレグラムにてリンクをご紹介ください!

前へ

タイムマシン:2013年03月27日~04月02日

次へ

【解説】クレーゼ効果って何?